便秘時のオリゴ糖摂取

Pocket

ストレス日々の食生活で、どうしてもお肉などの動物性食品に偏ってしまいがちな方やストレスを抱えている方もいます。一見些細なことにも見えますが、このことが原因となって、便秘を起こす可能性もあるのです。便秘になってしまうと、体の中に毒素や不要物質が溜まったままとなり、体調の具合に支障をきたすこともあるのをご存知でしょうか。具体的にどんな症状が出るのかというとそれは、肌の状態が悪くなったりなど胃や腸だけではない部分にも影響する場合があります。このような方におすすめしたい食品にはオリゴ糖が挙げられます。オリゴ糖は母乳にも含まれる成分であり、胃や小腸で消化されにくいとされています。そのため、便秘状態の方が便秘改善方法として摂取している方も少なくありません。

このように便秘に悩む方に重宝されているオリゴ糖ですが、摂取の仕方によっては、体調がよくなるどころか逆効果となる可能性もあるので注意が必要です。オリゴ糖によって便秘が改善するとされる要因があります。それはオリゴ糖が体内に存在する善玉菌の餌になることで、増やすことにつながることが便秘改善の要因として挙げられるでしょう。しかし、あまりにも多量にオリゴ糖を摂取した場合、善玉菌も急激に増え、体がその状態にうまく順応できずに下痢などの作用を起こすこともあります。この点から毎日オリゴ糖を摂取する場合には大さじ1杯程度がちょうど良い量であるとされています。したがって、摂り過ぎにも注意が必要でしょう。